自動車保険割引制度の概要

| コメント(0) | トラックバック(0)

自動車保険には様々な割引制度があります。無事故割引、家族限定、年齢制限による割引、免許の色による割引など多岐にわたり、かつその割引がどの項目に適用できるかも色々と異なってきますので、結構複雑です。

また、自動車保険に関しては、割引だけではなく割増制度というものもあり、保険金を使うと次回の更新のときに保険料がアップしますので注意が必要です。

主なものをいかに列挙します。

無事故割引(割増)

これは、無事故を継続すれば、等級が上がり割引率が高くなります。また事故を起こすと等級が下がり割増になっていきます。等級、割引の詳細についてはこちらをどうぞ。

運転者の年齢条件による割引

これは運転者の年齢によって割引率が変わります。年齢が若いほど不利になります。①年齢問わず、②21歳以上限定、③23歳以上限定、④26歳以上限定、⑤30歳以上限定、⑥35歳以上限定の6段階が選べます。

運転者が本人のみの場合は本人の年齢によって一番有利な条件を選べばよいのですが、例えば条件に合わない年齢の友達などが運転していた場合には保険金が支払われませんので注意が必要です。

運転者限定(家族限定)

これは、運転者を限定してしまう割引です。運転者+家族のみに限定するか、運転者+配偶者のみに限定するかの2種類が一般的です。

優良運転者割引

いわゆるゴールド免許の場合に割引になります。ただし、ゴールド免許を取得した月から保険料が安くなるわけではなく、ゴールド免許を取得してから初めての契約更新の時から適用されます。例えば、9月の免許書き換えでゴールド取得したのだが、保険の契約更新が次の年の4月だった場合は3月までは従来の保険料となります。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jidousyahoken.alfirst.net/mt/mt-tb.cgi/6

コメントする

AdSense