自動車保険ってどんな時に役に立つの?

| コメント(0) | トラックバック(0)

自動車事故が起きた時の金銭的な費用を補ってくれるのがもちろん基本です。でも他にも色々と手助けをしてくれる場合も多いのです。

まず、自動車事故を起こした時は、どうしても気が動転していますし、冷静に判断できない場合が多いです。私も過去に何度か事故を起こしてしまったことがありますが、その時にいろいろと相談に乗ってくれる事もあります。

事故を起こしたときは、まずは警察に連絡する事が先です。但し怪我人等がいる場合は救急車を呼ぶのが優先するのは当然です。救急車を呼ぶと大体警察へ連絡が行くことが多いようですが。。

自分も含めて怪我人の対処が済んだら、まずは自動車保険の保険会社へ連絡しましょう。保険会社によっては24時間対応で事故対応の受付を行ってくれます。

いつどこで事故をおこしたのか、怪我の状況、車両などの被害の状況、事故の原因、また相手の身元の情報などを簡潔に報告しましょう。

事故の相手がまともな人の場合は良いのですが、たちが悪い人にあたるとその場で、「そっちが悪いんだろう、お前のせいだ。」などといってくる場合もあります。そういう場合は、冷静に、「そのようなお話は保険会社を通じてやらせて下さい。」ときっぱり言うのがポイントです。

実際、保険会社の事故担当者はその道のプロですから、相手との交渉は一切引き受けてくれます。下手な素人交渉は少なくとも事故現場ではやらないほうが得策です。

ちなみに、警察は事故の検分、いわゆる事故の状況の客観的な事実関係を調べますが、当事者間の話には一切関与しません。したがってどっちが悪かったとか、過失割合はどうだとかの話をしても意味がありません。事実関係だけを警察官には訴えましょう。警察は民事不介入といって、そういった当事者間の紛争には一切、これはもう冷たいほど、介入してきません。

さて、保険会社への連絡が終わったら、あとは事故の後始末です。自走できない場合には保険会社が契約しているレッカー会社が車を一旦引き取ってくれたり、本人の移動に関しても後に交通費を出してくれたりします。このあたりの対応は保険会社によって多少の差があるようです。

保険会社による差については別のページにまとめます。

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jidousyahoken.alfirst.net/mt/mt-tb.cgi/4

コメントする

AdSense