見積もり体験 トヨタ エスティマ(その1)

| コメント(0) | トラックバック(0)

私が所有するトヨタエスティマの見積もりを実際にInswebにて取ってみましたので、その結果を紹介します。

実際には現在加入している保険証書を手元に置いて見積もりを取ってみました。

1."いますぐ一括見積もりへ"をクリックして先へ進みます。

 

2."利用規約に同意して見積もりをはじめる"をクリック

 

3.すると車の情報を入力する画面になりますので、そこで以下の内容を入力します。順番に入力していくと次の項目に選択できるメニューが出ますので簡単に入力できました。

 ・初年度登録年月

 ・メーカー名(選択プルダウンメニュー有り)

 ・車名(選択プルダウンメニュー有り)

 ・型式(選択プルダウンメニュー有り)

 ・形状(選択プルダウンメニュー有り)

"次にすすむ"をクリック

 

4.先ほど入力した車情報が一番上に提示されて、保険契約の加入状況、使用状況、オプションの選 択画面が出ます。

○使用状況

 ・主たる使用目的を選びます。 

  日常・レジャー、通勤・通学、業務の3つの選択肢が出ますのでその通り入力します。

 ・月の使用日数

  5日以下、6-10日、11-14日、15日以上の4つの選択肢から選びます。ちなみに例えば通勤という  場合は、月に15日以上その目的に使った場合が適用される保険会社が多いようです。

 ・予想される年間走行距離

  プルダウンメニューで走行距離の範囲が選べますのでどれかを選択します。

 ・主たる運転地域

  都道府県を選びます。 

○オプション

  エアバッグ、ABSを選びます。

○その他

  改造車かどうかの確認です。

 "次にすすむ"をクリック

 

5.予定契約、現契約情報を入力する画面になります。

○車のナンバー(登録番号)

 ナンバープレートの情報を入力します

○現在のご契約内容

 ノンフリート等級、現在の補償内容、保険満期日、契約中の保険会社の入力をします。今の保険契約書が手元にあればすぐに入力できるでしょう。

○保険請求事故

 ・事故による保険金の請求件数

  今の保険の契約期間中の請求ですので、次の保険満期日より1年さかのぼった期間の請求です

 "次にすすむ"をクリック

 

6.基本情報の入力

 契約者の情報を入力します。

  "次にすすむ"をクリック

 

7.主たる運転者(記名被保険者)の情報を入力する画面になります。

○基本情報

 6.で入力した基本情報が提示され、さらに婚姻状況と職業を選択します。

○免許情報

 免許の取得年月日、免許証の色などを入力します。

○車の所有者情報

 契約者から見た車の所有者を選びます。ローンが残っている場合などはディーラーやクレジット会社になります。

○ご契約者に関する情報

 満期日の連絡のあて先の選択をします。

 "次にすすむ"をクリック

 

8.契約者の情報

 住所、電話番号、メールアドレスなどの入力をします。

 "次にすすむ"をクリック 

 

9.保険契約の情報

 やっと保険契約の情報を入力するところまで来ました。ここで必要とする保険の内容を入力します。

○見積もり希望の補償内容および保険金額

 対人賠償責任保険、対物賠償責任保険、搭乗者傷害保険、人身傷害補償、車両保険の補償内容などを選んでいきます。まずは現在の補償内容と同等の補償額を入力してみましょう。

"入力情報の一覧へ"をクリック

 

10.今までに入力した内容が一覧できますので、ここでもう一度確認しましょう。その他保険に希望する内容や資料請求の選択をします。

 "次にすすむ"をクリック 

 

11.請求可能保険会社確認ページ

 今回見積もりを請求する保険会社の一覧が出ます。10で選択した保険に関する希望内容によっていつくかの保険会社の候補が自動的に出るようになっているようです。

"見積もりをGET"ボタンを押すと完了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jidousyahoken.alfirst.net/mt/mt-tb.cgi/16

コメントする

AdSense