自動車保険の仕組み

これが結構簡単なようで複雑で、毎年更新のたびにこれって何だっけ?と迷うこともあります。

自動車保険の契約書にも書かれていますが基本は以下5つです。

  1. 車両保険
  2. 対人賠償
  3. 人身傷害保障
  4. 対物賠償
  5. 搭乗者傷害

それぞれについて説明します。

1.車両保険

 これは、自分の乗っている車に対する保険です。そしてこれが保険の掛け金が一番高い項目です。通常、対物事故などで、自分の車と相手の車が破損した場合、その両方の修理等にかかる金額が過失割合によって負担が決まってきます。自分の過失が0の場合は良いのですが、通常お互いに走行している場合は過失割合は微妙になってきます。その時に、自分の過失割合の分を超えて負担が発生したときに、車両保険に入っていればそれも保障されます。

また、自損事故や、盗難、いたずら、当て逃げ、その他カバーする範囲が広いです。まあその分掛け金が高いのは仕方ないでしょう。

そして、車両の種類によって、ランク付けされており、スポーツカーやいわゆる事故が起きる確立の高い車種は保険料が高めになります。スポーツタイプの値段が高い車に乗っているとこの負担がかなり重くかかってきます。

 2.対人賠償責任保険

これが実は一番大事な保険でもあります。自動車事故により他人(歩行者や自動車に乗車中の人)を死傷させた場合に自賠責保険で支払われる金額を超えた部分に対して保険金が支払われます。昨今、人身事故を起こした場合の相手の保障額はかなり高額になってきていますので、自賠責保険ではまかなえないケースが多いようです。1億円を超えるケースもかなり増えているようです。したがって対人賠償の保険金額は無制限にするべきでしょう。

 3.人身傷害補償

自分自身、搭乗者が死傷あるいは後遺障害が生じた場合に過失割合に関係なく保険金がでます。

 4.対物賠償

自動車事故により、他人の財物(車や建物)に損害を与えた場合に保険金が出ます。

5.搭乗者傷害

契約している車両に乗車中に自動車事故によって死傷したり後遺傷害が生じた場合に保険金が支払われます。

 

 

AdSense