3)自動車保険の選び方

たくさんの種類がある自動車保険ですが、それぞれどのくらいの保障を付けていれば安心なのか?

目安を紹介します。

 1.車両保険

目安は自分の車の現在の市場価格でしょう。もちろんもっと高い保障をつけるのは可能ですが、保険金もどんどん上がってしまいます。

ネットでの買取査定ができるのでそこでまずは自分の車のリセールバリューを見極めた方が良いでしょう。

例えば、全損事故(修理が不可能な場合あるいは修理ができてもかなり高額な場合)のような場合だと、修理するより、同じ年式の中古車を買ったほうが良いケースがあります。その際に現在の車とほぼ同等程度の中古車が購入できれば良いという考え方ですね。

 

 2.対人賠償責任保険

昨今、人身事故を起こした場合の相手の保障額はかなり高額になってきています。高額所得者や会社の役員などを死亡させた場合、将来得られるであろう所得が算出されますのでかなりの額になります。実際、軽く1億円を超えるケースもかなり増えているようです。したがって対人賠償の保険金額は無制限にするべきでしょう。

 3.人身傷害補償

自分自身、搭乗者が死傷あるいは後遺障害が生じた場合に過失割合に関係なく保険金がでます。保険会社にもよりますが、7000万円程度に加入していれば安心でしょう。

 4.対物賠償

自動車事故により、他人の財物(車や建物)に損害を与えた場合に保険金が出ますが、高価な車が相手であった場合や、公共物を破損するとかなりの高額な出費が予想されます。これも無制限にしておいた方が無難でしょう。

 5.搭乗者傷害

契約している車両に乗車中に自動車事故によって死傷したり後遺傷害が生じた場合に保険金が支払われます。人身傷害保障に加入していれば特に加入の必要はないでしょう。

 

AdSense